FC2ブログ

大阪市平野区の自動車屋 ニューGSモータース ブログ

まだ7月なのに暑すぎ


こんにちわ 

この気温 なんとかならんかと茹だりながら仕事しています。 いや、被災した方に比べたら いい方ですがせめて

気温が5℃でも下がってほしいと切に願います


こちらは気温に付けくわえ異音にも悩まされています

NZE141 カローラフィールダー


走行中 コロコロ転がるような音がするということです

一言で異音といっても 足回り、エンジン、冷間時、温間時、常時など いろいろな条件で発生します

先天的なもの(機械的に発生するもの) 後天的なもの(摩耗、ガタなどで発生するもの)

その車の特徴をしていなければ答えが出ない修理があります。


今回ははっきりわかる音でした。 低速でブレーキングやコーナリングをするとカラカラカラと転がるような音

車体の揺れの大小で音が出たりでなかったり 長かったり 短かったり

とりあえず、2名乗車して一人は運転一人は音の出所を探してみます


お客さんいわくは 「ダッシュボードの中から聞こえるエアコンの吹き出し口からなにか入ったのかな?」と

センターコンソールを外したりエアコンのルーバーを外したり、 グローブボックスやアンダーカバーを外しては走っての繰り返し

エンジンルームやワイパーカウルも外して ドアの内張りも外して 怪しい車で

近所をグルグル周回して まるで不審者のようです(笑) 

マグネットのついた棒をつっこんでみたり ダクトに耳を傾けたり おーいいって叫んでみたり(笑)



ふと窓を開けて走ってみると車外からもカラカラ転がる音が…

金属のものが転がるような高音な感じ… ひょっとして 下回り?

さっそく ジャッキアップして下回りを点検しても怪しいところがありません


うーん


うーん


金属の転がるようなって あれかな? お客さんあんな趣味あったのかな?


もしかしてと思い室内からのフレームに入る穴を確認してみることに


とりあえず 運転席を浮かしてから…



カローラ1


あらよっと ごめんなすって お邪魔します




座席の下から出てきた物なのかゴミなのか…


カローラ2




なんとなーく わかってきた


カーペットめくって ちょっと拝借



カローラ3


運転席から助手席に向かってトンネルのようなフレームの穴が



しかも矢印のところからカーペットは切り込みがあって中に入っていけるし ここから侵入したんだろうと推測



カローラ4



ごそごそ探して見つかりました



異音の正体


カローラ5



これか!


これ探すのに3日かかったよ 鼻の穴につめて ふん!って飛ばしてやりたい (笑)


まぁ 直ってよかったです。 当然静かになりましたよ




でも、室内も掃除しましょうねー



ありがとうございました



↓バナーをクリックしてください↓ お願いします




スポンサーサイト



  1. 2018/07/16(月) 10:54:36|
  2. 国産車

エンジンオイルの再認識


最近の大阪は地震に大雨に災害が多すぎて精神的に体力的にまいっている方も多いのではないでしょうか?

被害に遭われて亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

生き残っているものは前進あるのみですね 頑張りましょう。



さて、なにかと車の整備で一番に言われるのはエンジンオイルですが

では、なぜエンジンオイルの交換を各店でお勧めされるのが多いのか?

一番劣化が早いのはエンジンオイルではないでしょうか?


では いつ交換するの?と疑問を持たれるのは乗っているユーザーの方は思われるでしょう

メーカー推奨は10000キロや15000キロ といったロングスパンで取扱説明書に記載されているのを見ます。


実際はどうでしょう? それでいいの? メーカー指定のオイルを使用して信号も少なく渋滞のない道を走っている車なんて

都市部では多くはありません。

走行距離よりエンジンの運転時間がどれだけあるかで判断すべきだと思います


渋滞が多いと距離は伸びなくてもエンジンはずっと運転しているわけですからそれだけエンジンに負担がかかっているわけです。

オイルもモービル1みたいな1Lあたり3000円もするような100%化学合成オイルなら劣化のスピードは抑えられますが

ノーマルな1000円前後のオイルじゃ劣化もそれなりにします



当社の経験上のお勧めは 

普通車のエンジン(4~5L使用する)オイルは6か月もしくは5000キロで交換をお勧めします。

軽自動車のエンジン(2.5~3L使用する)オイルは6か月もしくは3000キロで交換をお勧めします。


特に軽自動車は3Lを満たないオイルで潤滑、冷却、洗浄、密封、その他を行っているので劣化のスピードは意外と速く

排気量が小さいこともあり普通車より高回転でパワーを出さなければいけませんのでオイル管理はシビアになります。





具体例でエンジンオイルの交換を8千キロオーバーを繰り返した ダイハツのKFエンジン 全走行距離8万キロ程

時速30キロぐらいで加速すると  ”ブゥー” と異音がすると入庫。

前回もオイル交換時期をオーバーしていたので注意をさせていただきましたが、時すでに遅しだったのかもしれません


異音の感じはオイルポンプがオイルを吸えず空気を吸っていると予測

まずはエンジンオイルを抜いてみます。



タント


ちょっと…少なくないですか?

タント1


色が…墨みたい (汗)

タント2


計量してみると 正規のエンジンオイルの容量は2.7L ということは約3L 入るはずです


タント4


あれ!? 少なくね?



タント3


1Lも入ってないし 500ccや!


ちなみにエンジン外部からオイル漏れはしていませんのでやはりエンジンの消耗でオイルを消費しているのでしょう

経験上 新車からオイル管理を怠ると8万キロあたりからエンジンのダメージは顕著に見られます


オーナーさんはこの後新車に乗り換えていただくことを英断していただきました。 ありがとうございます!

とはいえ、まだしばらく車に乗るのでオイルを入れ替えしておきます


これが新品のエンジンオイルです

タント5


色味が全然違いますね。

指に付けてみても透明に近いです


タント6


エンジンオイルの重要性を再確認した車でした。

ちなみに付き合いのあるスズキのメカニックの方に聞いてみると軽自動車でオイル交換はなんぼ遅くても4000キロまでにした方が

良いと言っておられました。

オイル交換もお気軽にお申し付けください。


ありがとうございました



↓バナーをクリックしてください↓ お願いします



  1. 2018/07/08(日) 16:51:25|
  2. 自動車整備全般

お、お、おひさしぶりです

かなーり さぼっていました。

ほぼ1年以上でしょうか… 根がてきとー人間なんですいません

気が向いたら更新していきます


トヨタが世に出す陸のクルーザーと言えば FJ? ランド?と連想するかたも多いでしょうが、室内からいえばこの車ではないでしょうか?

アルファード!

まぁ 人によっては好き嫌いが分かれるみたいですが 僕みたいな金無し能無し男は羨ましい車です。

宴席 いいえ 縁石で擦っちゃって下回りから嫌な音がしたみたいですので点検


ガリガリ!って音は心臓に良くないですよね ホント


al1.jpg


一番低い 後部スライドドアの可動式ステップのステーに傷が入っています。


al2.jpg


まぁ 曲がって動かなくなるより傷だけでよかったと思います

この手の部品って意外とお値段いじょう○トリ みたいにお手頃じゃありません


言うなれば お値段 異常って感じです


とは言え放置するとさびを誘発して腐食していきますので 防錆処理をしておきます



al3.jpg


マスキングしてステーのみ塗装します



al4.jpg



こんな感じで どーですか?


al5.jpg


できあがりです


車高が低い車が多い最近の車 段差には注意しましょう!

皆さんもお気をつけて!

↓バナーをクリックしてください↓ お願いします




  1. 2018/04/25(水) 21:47:06|
  2. 国産車
次のページ

Access Thanks!

お知らせ

プロフィール

 ㈱ニューGSモータース

Author: ㈱ニューGSモータース
国産車、輸入車、いすゞの3トンまでのトラックを得意とし
下町でひっそり仕事をしている会社であります。

国産、輸入車等の車検・修理・整備・鈑金・販売等承っております。
東京海上日動火災保険代理店

営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜、祝日、祭日
(土曜日はTELにて確認)

お問い合わせは先ずメールでお願い致します。
担当者以外ではご返答できない場合もあります

作業中や接客中、買い付け、車検、引き取り、納車等で
出ている事も多いです。

ご面倒をお掛け致しますが、ご理解頂きますよう、宜しくお願い致します。

お問い合わせ先はこちらのホームページにて
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

㈱ニューGSモータース


メール送信後2,3日しても返事がこない場合はTELにて確認して下さいませ。



尚、本文中の詳細な(分解整備の方法等)内容に関してはお答え致しかねませんのでご了承願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自動車整備全般 (10)
国産車 (31)
輸入車 (8)
いすゞ (32)

アナライズ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR